西洋占術と東洋占術は全然違う!ターゲット層を把握して設置しよう!

Love Fortuneのようなサイトで用意されている占いコンテンツには、各々で特徴を持っています。 記憶に新しいところで言えば、心理診断テスト。 先回の記事で紹介させてもらいましたが、心理診断テストは老若男女誰もが楽しめる特徴を持っている占いコンテンツと紹介させてもらいました。

ということで、今回は、代表的な2つの占いコンテンツについての特徴を説明していきたいと思います。 基本的な部分になるため、運営サイトに設置する前に、まず勉強をしていきましょう。

■東洋占術系の占いコンテンツの特徴とは?

東洋占術とは、ざっくりとですが、干支などを使った占いのことを指します。 子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥の12種や、厄年のような数え方によっても占いをしていきます。

さて、そんな東洋占術系の占いコンテンツの特徴ですが…ズバリ「年齢層が高い方々から人気を得ている」ということが挙げられます。 昔ながらの占いも多いため、このような特徴があるわけですね。

■西洋占術系の占いコンテンツの特徴とは?

対する西洋占術とは、12星座占いが最たる例になります。 星の位置などを元にしたり、神秘的なイメージが強いのではないでしょうか。 この西洋占術系の占いコンテンツの特徴は、東洋占術系と反し、若者が好むという特徴を持っています。

昨今の日本では、干支などを意識するときが少なくなってきているため、このような傾向の特徴が出てきているようです。